変形性関節症

画像の説明

使いすぎなどの変化で関節の軟骨がいたんでしまう病気です。左のX線像は60歳代の女性の膝関節ですが、膝関節内側の軟骨がすでに磨耗してしまっています。年齢、使いすぎ、遺伝、肥満などが原因です。
多くの患者さんが苦しむ部位は膝です。普通は横になった状態でX線を撮りますが、体重がかかった時こそ軟骨の磨耗がわかりますので、当クリニックでは手間を惜しまず立位で膝のX線を撮影しています。
生活習慣改善、筋力強化やモビライゼーションなどの理学療法、お薬やヒアルロン酸やステロイドの関節内注射、インソールやサポータなどの装具療法などで、軽症~中等症の患者さんはかなり改善します。

関節の注射は痛いものと思われがちですが、当クリニックでは出来るだけ細い針を使ったりさまざまなテクニックで痛みの少ない治療を実践しています。
院長も若いころは注射が大の苦手だったので患者さんの気持ちはよくわかります。


残念ながらすでに進行した関節症の患者さんにもっとも有効な治療は人工関節手術です。手術方法としてはほぼ完成され、院長の経験ではほとんどの患者さんで術前の痛みの9割以上はなくなり、10年以上にわたり健在です。
当クリニックでも、手術の必要な患者さんは県立広島病院・広島大病院・広島市民病院・マツダ病院・ヒロシマ平松病院など腕利き専門医のいる整形外科に紹介させていただいています。


テレビショッピングなどで大々的にやっている健康食品の効果は大変疑問です。ヒアルロン酸などいくら食べても消化されてバラバラになってしまうので、軟骨再生の役には立たないのです。ずいぶん高価なものもあるようですがそのお金の多くはテレビやラジオのCM費用などに消えていくのではないでしょうか。
有名タレントを使ってやたらにテレビ広告をしている商品はそれだけで怪しいと思いませんか?


初期~中期の変形性関節症、胃が悪いあるいは悪くなるのが心配で消炎鎮痛剤が使えない患者さんのために、関節注射、筋力トレーニング、消炎鎮痛剤に次いで有効と考えられるサプリメントの取り扱いをしています。
院長の母も服用しているものです。

X線画像診断システムを新しくしました。
FDPシステムとEIZOモノクロモニタで国内最高水準の画質です。

トップページにもどる
累計:11 本日:10 昨日:1