さい帯血

画像の説明
 さい帯血を使った犯罪行為でようやく逮捕者がでました。
 医療絡みというと医師がやったように思われがちですが(ネットのコメント見るとそう思っている人多数)、捕まった6人のうち医師は1人だけです。こんな医師にガンの治療を任せる患者さんがいたのはびっくりです。
 経歴がそもそもおかしい。もと小児科医、40歳というと社会では一人前かもしれませんが医師の世界では経験不足のとしです。現役医学部合格、医師国家試験ストレートの最短コース(難関です)としても卒後10年くらいで開業してます。厳しい研修時代を送った様子もありません(きちんとした病院に勤務していれば自分で誇示したはずです)。人の生き死に、小児科医としても子供が大きくなるまで何年も続けて診ていてやっとわかってくることばかりです。修行はけしてむだではありません。しんどいところは避けて安易な金儲けにはしる医者を信用するのですか。統合医療、薬に頼らないとか聞こえのいいだけのキャッチフレーズ。
 調子のいいことばかりの画期的な治療(中国新聞の一面の広告もそんなものが多い。監修 医学博士××というのはほとんどそう)にすがろうと思ってしまう患者さんはぜひ経歴などにももう一度注目してみるべきです。しかし平気でウソを自称する医者もいるので(院長も途方のない話を聞いたことがあります)経歴も簡単に信じられません。

 画像はぜんぜん関係ないLEDのイメージ写真です。