古いジャケット

画像の説明
 ちょっと古びた感じの麻のジャケット。院長にとっては思い出深いものです。
 15年前、思いきって当時の教授にお願いし広島の病院を退職し東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター整形外科に研修に行かせていただきました。だんだん暑い季節になって薄いジャケットがいるので新宿南口の小田急デパートで買ったものです。
 めったに着るものを買いに行かないのですが、はじめて行った新宿のデパートで即決で買うのは一大決断でした。衣類を買うのはとても疲れます。
 それ以来ずっと大事に着ているのですがさすがに古びてきました。当時教えていただいた整形外科桃原前教授、猪狩現助教授、内科山中教授にはいまでも覚えていただいています。当時の新鮮な感動を忘れずに日々の診療を行っています。