関節リウマチの診断

●腫れや痛みのある関節が一つ以上ある
●血液検査でリウマトイド因子か抗CCP抗体が検出される
●関節の腫れや痛みが6週間以上続いている
●CRPや赤血球沈降反応といった炎症反応が陽性である

 関節リウマチの症状としてこの4点が重要です。
特に指や手首など小さい関節の症状がたくさんあると疑いが高くなります。関節の骨びらんが始まる前に診断を下して治療を始めるべきということです。
関節の腫れや痛みが数週間以上続く患者さんは関節リウマチかどうかはっきりさせるために専門医を受診してください。
関節リウマチの遺伝については親が関節リウマチの場合で約7%程度、それほど高くはありません。そもそもおじいさんおばあさんの世代のリウマチの診断が確かかどうかが問題ですのであまり心配されなくてもと感じます。
 なによりもまず関節の痛みと腫れの症状が重要です。朝のこわばり感、X線や血液検査での所見、場合によっては超音波エコーやMRI検査での所見を総合して診断します。
 何年も継続が必要な関節リウマチの治療だからこそ、しっかりした診断が必要です。
 リウマトイド因子や抗CCP抗体、MRI検査だけで診断がつくわけではありません。そこが専門医診療の醍醐味でもあります。

画像の説明
 滑膜炎を診断するためにとても役立つ装置、超音波パワードプラー付き超音波エコー装置を導入しています。広島のリウマチ医としては最も早くから使っているほうです。機器は日立のAVIUS、やや大きく高価ですがポータブルな装置とは見え方が段違いの高性能機で、エコースペシャリストの医師がよく使っています。
 X線検査や尿検査ももちろんとても重要です。
 患者さんの多い日には待ち時間が2時間程度かかることもありますが的確な治療のためには時間がかかることもあるのでご了承ください。
 予約があれば必ず診察しますが申し訳ないことに待ち時間はかなり長くなることもあります。
 関節リウマチの治療は何年も続きますのでまず最初にしっかりした診断をつけ、強力な治療を開始することがたいへん大事です。どの関節が痛いのか、どの関節が腫れているのか、関節炎の診断は決して簡単ではなく丁寧な触診に基づく注意深い診察が不可欠です。

 関節リウマチの診断は今でもやはり難しい症例があり、決して容易ではありません。たくさんの患者さんを診ているリウマチ専門医なら必ず同意されるはずです。
関節リウマチの超音波エコー画像
 関節リウマチ患者さんの手関節の超音波エコーパワードプラ画像です。
 オレンジ色に光っているところが活動性滑膜炎像、すなわち関節炎のある場所です。院長は県内でも数少ないリウマチ学会登録ソノグラファーです(全国で68人目)。
 リウマチ医療にくわしい専門医が自らエコー検査をすることが重要です。
画像診断で全国的に著名な先生はみんな自分で検査しています。

当院のX線画像診断システムは
最新のFDPシステムとEIZOモノクロモニタで国内最高水準の画質です。
質の高い診断のためには質の高い画像が不可欠です。

トップページにもどる

}}